自動車保険 新規

    最初が肝心。ぜひ自分で選んでみましょう。

      ・車の販売店はマージン15~20%(代理店手数料)の「自動車保険代理店」です。
      ・「販売店任せ」「セールスマン任せ」が払いすぎになる典型的なパターンです。

       一括見積サイトでは対人、対物など補償の標準タイプを知ることができます。
       まずは自分の条件で各社の保険料がどうなるかを知りましょう。

       一括見積もりは既に700万人超が利用している安心の無料サービスです。


新規だからこそまずは相場を知ろう

おすすめの自動車保険を提示する車販売店などは、
ほぼ百%、勧めてくる保険の代理店になっています。

・初めてでよくわからないからクルマ販売店に任せよう
・不安だからセールスの進めるものにしよう

新規加入ではこのパターンが保険料払い過ぎの最も多い原因のようです。

初めてだからこそ、自分の条件で相場がどうなのか確かめた方がいいでしょう。
一括見積もりなら初心者でも安心して利用でき、入力も簡単です。

・同条件なのになぜこんなに保険料が違うのか
・通販型はどんなしくみで安くなっているのか
などの関心が湧き、自動車保険入門のガイダンスにもなります。


「代理店手数料」をご存知ですか?

自動車保険 新規

国(金融庁)の厳格な認可・監督を受ける自動車保険は、「安かろう悪かろう」が許される商品ではありません。

逆に、保険料が高いからその分サービスが優れているとも限りません。


ではなぜ代理店型の方が全般的に保険料が高いのでしょうか。
その最大の要因は保険料の15~20%と言われる「代理店手数料」です。


誤解が多いようですが、代理店手数料は事故対応などいざという時のための手数料ではありません。
代理店による事故時のあっせん・仲介は法律違反になります。

残るメリットは「アドバイスが受けられる」ということになりますが、
代理店の9割が副業代理店という実態を見るとこれも怪しくなってきます。


安い通販型に魅力を感じても代理店型の方も気になることがあるかもしれません。
代理店型を選ぼうとするならこの代理店の実情をよく知っておくべきでしょう。


「代理店選びが重要」と言われますが、新規加入の場合身近でプロ代理店に恵まれる人はとても幸運だと思います。


保険選びに一括見積もりが欠かせなくなった

自動車保険の完全自由化で、10数年ほど前までのような各社横並びの自動車保険は少なくなりました。

ダイレクト系(通販型)が登場し、欧米などではポピュラーになっているリスク細分が採用された保険も導入され、今では全体の姿が分からないほど数多くの自動車保険が販売されています。

外資系にソニー損保や三井ダイレクトも加わり、通販・リスク細分による適正価格(代理店経費20%を省略した"安さ")を売りにしてシェアを伸ばしているのが通販型の自動車保険です。

この新しい勢力が加わり、今自動車保険は激烈な競争をしているといっていいでしょう。


私たち消費者にとっては選択肢が増え良いことなのですが、現実に選ぶ場合になると、どれが自分に合った保険なのか簡単には分からなくなりました。

一括見積もりは、このような自動車保険選びのサポートをしてくれ、今では自動車保険選びにとって欠かせないサービスになリました。


ネットの自動車保険一括見積は、

・多くの保険会社から条件に合う保険会社を絞り込める

・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼できる

・無料で実績もあり安心して利用できる

というメリットがあり、自動車保険の新規加入、見直しの時に大変便利で強力な助っ人になるサービスです。


※クルマの話あれこれ
自動車保険の一括見積りは多くの人に利用されていますが
車を売る時も一括見積りを利用すれば高額売却が可能です。
今人気の軽自動車を高額査定で売る時などこの一括査定サービスがピッタリです。